トップ 人材派遣ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

人材派遣ナビ人材派遣の問題点 > 派遣社員の地位

派遣社員の地位

派遣社員の地位の画像

さてここで、派遣として働く方々の希望となるお話があります。私の友人が実際に体験した話です。友人は派遣社員として長く働いていました。派遣社員として様々な職種を経験していくにあたり、必要な資格を取ったり、自分のスキルをあげていく努力を欠かさない人でした。その友人があるとき、正社員になったのです。

この不況の中、どうして派遣から正社員になれたのか?不思議に思いました。確かに能力もあるし、資格も取得し、何事もチャレンジするという力を持っています。友人はいつしか、派遣社員として非常に高いスキルを持っている看板派遣社員(というと大げさですが)となっていたようです。

資格もあり経験も豊富、人間関係も優良ということで、派遣先としても大手企業や重要な仕事に関する派遣を、友人に任せるようになり、はじめのうちは250万円くらいという年収も、正社員になる前には、年収800万円まで上がっていたというのです。それでも、派遣社員ですから、保証など、不安な面はぬぐえないのですけれど。

年齢も30歳を過ぎ、仕事をしていく上での資格もスキルも経験も磨いたところで、どう転んでも働けるな・・という気持ちをもっていたところ、正社員にならないか?という話がいくつか来たそうです。以前の彼なら、正社員になって窮屈な思いをするのはいやだなと思ったようですが、30歳を過ぎ結婚も考えている時期だったので、思い切って雇用契約を交わしたということです。

そうなんです。派遣社員でも、スキルをあげていき自分の能力を派遣会社が大きく認めてくれたとき、正社員よりも高い立場に立てるときが実際にあるのです。友人も、こういう自分のような経験をしている人間は派遣社員の中に結構いるといっています。派遣で働くということをチョイスする人の中に、自分のスキルアップを求めている方がいますが、頑張った結果が、友人のような逆転を生むのですね。

発想をまるっきり変えてみると、派遣社員の地位は大きく変わります。正社員として窮屈な制約に縛られ、同じ経験しかつめない狭い世界で鍛錬するよりも、幅広い大きな世界で、多数の職種の経験を積み、自分に必要なスキルを高めていくことができる派遣。問題点を問題としない、不況でも不景気でも微動だにしない自信を持った自分になれるチャンスを、派遣雇用は持っているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


人材派遣ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 派遣という働き方

バブルの時代、もっと自分に自由な就職をしたいということで、日本の多くの若者が、フリーターとなり、拘束されない雇用形態を選んでいました。しかしやがて終わるなんて想像もつかなかったバブルが崩壊し、あっという間にアルバイトなどがなくなっていき、若者はあわててフリーターから正社員になろうとしました。 しかし・・履歴書には多数のアルバイト先。複数あればあるほど、経験はあるのかもしれないけれど、仕事に熱意なくやめてしまうのでは?自由に働きたいと願ってきた世代に、正社員として働いてもらっ

人材派遣ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。