トップ 人材派遣ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

人材派遣ナビ人材派遣の問題点 > 二重派遣

二重派遣

二重派遣の画像

派遣には労働者派遣法や職業安定法などの法律がかかわっています。この法律によって、派遣で働く人々を守っています。この法律の中で、禁止されている派遣の形態、二重派遣に関して説明していこうと思います。

二重派遣とはなんでしょう。派遣社員として働く人が、派遣先に働きに行きます。働きに行った派遣先からほかの企業に派遣させた場合、これを二重派遣といいます。派遣先から別の企業へ、その別の企業からまた別の企業へというように、2社以上の企業が入った場合には、多重派遣といいます。

この多重派遣ももちろん、禁止されています。労働者派遣法では、事故の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人のための労働に従事させることを二重派遣とするとしています。この二重派遣に関して、当該他人に対し当該労働者を当該他人に雇用させることを約してするものを含まないとするとうたっています。つまり、派遣元から派遣先に働きに行った場合、派遣先には命令指揮権が発生する雇用関係がない、これは派遣という労働形態にならないとしているのです。

また、職業安定法では、労働者供給事業を行い、またはその労働者供給事業を行う者から自らの指揮命令の下に労働させてはならないとしています。労働者派遣事業を行っている派遣元から派遣された社員を他の企業に派遣することは、労働者派遣事業を行っていない企業にできないことだとうたっているのです。

そして賃金の問題でも、労働基準法によって、業として他人の就業に介入して利益を得てはならないとしています。労働者派遣法、職業安定法、労働基準法、これらの法律によって、二重派遣は法律違反となるのです。派遣元が持つ雇用主としての責任が不明確になってしまうこと、派遣雇用の労働環境保証のルールの責任も不明確で、賃金の不当引き下げなども考えられるため、しっかり取り締まってほしい二重派遣。

紛らわしい請負や出向、派遣との差をしっかり理解しておき、こうした二重派遣に巻き込まれないようにしたいですね。



スポンサー広告

ネットショップ広告


人材派遣ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 職業紹介の流れ

実際に職業紹介を利用するために、どういった流れになるかを知っておきましょう。まず、職業紹介の企業に登録が必要になります。現在は、職業紹介企業のほとんどが、インターネット上にホームページをもっていますので、そこから登録するのが便利でしょう。パソコンがないという方にも、携帯からアクセスできるようになっているところが多いので、そこを利用しましょう。 また、電話やFAXでも登録が可能になっています。職業紹介へ登録する際には、名前、生年月日、性別、現住所、電話番号、メール、希望職種、

人材派遣ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。