トップ 人材派遣ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

人材派遣ナビ人材派遣の問題点 > 人材派遣利用の問題点

人材派遣利用の問題点

人材派遣利用の問題点の画像

人材派遣という雇用を利用する場合、しっかりと知っておくべきことがたくさんあります。正社員と同じ、いえ、それ以上の能力を持っていようがいまいが、正社員と派遣の立場は違います。正社員に保障されることであっても、派遣社員には保障されないことが多いのです。

今は正社員でも、ボーナスが出ないという企業が多いようですが、ボーナスがあったとしても派遣社員にはありません。また普段のお給料も、正社員とは違いがあります。そして、正社員は何らかの確かな事由がなければ解雇することができませんが、派遣社員は簡単に雇用を白紙にされるという状況も、正社員との大きな違いになるでしょう。

現在は、正社員であっても、ある程度のサービス残業をこなさなければならないという状況にあります。でも、通常のお給料があり、保証があるという立場ですから、派遣社員から見ればよい状況と言えるでしょう。派遣社員の場合、サービス残業を正社員と同じようにこなしても、正社員よりお給料は少なく、文句を言うこともできません。

仕事に対する能力があり、企業がその派遣社員を、職場のリーダー的存在に置いたとしても、給料を上げる必要もなく、同じ給料で同じ契約で働いてもらうことができる派遣社員ですから、企業にとってこれほど使いやすいことはないのでは?と思います。しかし、こういった働く環境に関しても問題を、何とか解決したいということから、派遣社員としての労働組合なども組織されるようになってきています。

派遣社員の中には、本当に高い能力を持った方が大勢います。正社員として働くことができない理由を持っているだけで、資格なども多く持っているという方がいるのです。派遣社員という立場でも、少しでも保障のある雇用を得たい、派遣雇用を守りたいということで作られた組合が、改善への道を模索しているのは、非常に心強いことです。

人材派遣を利用して、気持ちよく働く方もいます。人材派遣利用の問題点がよりクリアになり、派遣として働く皆さんが気持ちよく働ける状況が早く作られるといいと願います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


人材派遣ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 人材派遣できる仕事の種類

人材派遣に登録したいと思うけれど、私にできる仕事ってあるのかな?そう思う方もいらっしゃるでしょう。でも、心配はいらないのです。労働者派遣法という法律があります。この改正された法律によって、人材派遣としてほとんどの職業が認められています。除かれる職業は、港湾運送業、警備業務、建設業務です。この法律ができた背景には、継続的に続いた不況があります。 バブルの崩壊から以後、あれだけあった就職先がどんどん少なくなり、正社員という雇用も少なくなっていきました。特に、製造業の現場では、派

人材派遣ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。