トップ 人材派遣ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

人材派遣ナビ人材派遣の問題点 > 不況の影響

不況の影響

不況の影響の画像

不景気、不況、口に出すもの嫌な言葉ですが、日本はこの言葉が表す状況から抜け出せずにいます。いつかは抜け出せる・・と思いながらももう長きにわたり、不況です。派遣切りから始まり、早期退職、さらにはリストラ。雇用均等よりなにより、雇用されることのむずかしさ、働くことのむずかしさを痛感させられる近年です。

不景気、不況ということになって打撃を受けるのは大手ばかりではありません。むしろ、中小企業、零細企業が最も受ける打撃が大きいといわれています。大企業が正社員雇用を渋る中、中小企業や零細企業に正社員雇用ができるはずもないんです。今まで倒産することはないだろうと思っていた大企業が続々と倒産していう中、必死に耐え忍んできた中小企業等も、耐えることができなくなり、倒産に次ぐ倒産・・

正社員雇用はさらになくなっていきました。不況によって一番影響を受けるのが、派遣、またアルバイト、パートなどの雇用です。正社員がどんどん切られていき、正社員雇用がなくなっていく状況で、派遣という立場は非常に弱い立場になります。景気によって、派遣で働く人々は容赦なく切られていったのです。

派遣として雇用が切られずに生き残れた方々も、待遇は悪くなってしまうでしょう。どれだけ業務を効率よくこなしても、企業にとって有益な派遣社員でも、賃金が上がることはない。でも、文句を言えば、切られてしまうでしょうから、文句も意見も言えない。

大きなストレスを抱えながら仕事をしていくしかないという状況はつらいものです。しかし、こうした派遣という雇用でしか働くことができない状況にある方もいます。そのために、このような問題を解決しようと、国が、法律の改正を行い、修正を加えながら雇用を守ろうとしています。

2008年の暮れの、大きな派遣切りから現在まで、様々な修正がくわえられ、法律の改正が行われたことで、以前より、派遣社員という立場が守られています。この先、少しでも不況という現状が改善されることを祈るばかりです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


人材派遣ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 人材派遣で働く人々

アルバイト、パート、正社員、そして派遣社員。現在、働く人たちの雇用形態は、さまざまです。私は今40代、バブル全盛期に社会人になった世代です。バブル全盛期でしたから、仕事はあふれるほどにあり、今日何かアルバイトないかな?なんて友達に声をかければ、当日でもアルバイトすることができたくらい、仕事に困ることのない時代でした。私よりも10年くらい上の方々は、学歴が大きく物をいう時代だったので、より良い企業の正社員になるために、まず、いい大学を目指していた世代です。 そして私よりも若い

人材派遣ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。