トップ 人材派遣ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

人材派遣ナビ人材派遣の問題点 > 派遣という働き方

派遣という働き方

派遣という働き方の画像

バブルの時代、もっと自分に自由な就職をしたいということで、日本の多くの若者が、フリーターとなり、拘束されない雇用形態を選んでいました。しかしやがて終わるなんて想像もつかなかったバブルが崩壊し、あっという間にアルバイトなどがなくなっていき、若者はあわててフリーターから正社員になろうとしました。

しかし・・履歴書には多数のアルバイト先。複数あればあるほど、経験はあるのかもしれないけれど、仕事に熱意なくやめてしまうのでは?自由に働きたいと願ってきた世代に、正社員として働いてもらって、大丈夫なのか?と、企業はかなり冷たい判断を下していました。派遣という働き方であれば、派遣の企業が履歴書に乗り、そこでどんな経験を積んできたの?と聞けるでしょう。

派遣会社に登録し、そこで多数の企業に行き経験を積んでいる。これは、アルバイト先がたくさんあるということに比べると、とてもいい印象になるのではないかと思います。正社員になりたいという気持ちをもって派遣会社に登録しても、なかなか正社員への道が開けないという現実も立ちはだかります。

紹介予定派遣の場合は、お互いに正社員をという希望を持っての派遣ですから、その先に正社員が見えていますが、やはり、企業にとっては、正社員を増員するということはあまり望んでいることではないでしょう。業績がいい企業は別にして、やはり、企業の大きな部分を占める人件費を増加させるということは、なるべく避けたい雇用だと思うのです。

派遣であれば、期間が過ぎるまで働いてもらい、その期間が満了したら、また新たに働いてもらえばいいのですから、これは企業にとって楽な雇用です。技術や熟練の作業を必要としない職種であれば、派遣をつかって正社員を雇わないやり方の方がいいと考えてしまうのも仕方ないのかもしれません。法律の逃げ道を探り、派遣を便利に使えばいいという企業も少なくありません。派遣という働き方の問題、また派遣という雇用の良い部分をよく理解しておくことが必要です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


人材派遣ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 人材派遣に付きまとう問題

人材派遣の問題というと、やはり、以前あった派遣切りの問題を思い出します。正社員とは違い、派遣は切ることができるから便利。いつでもいらなくなれば切ればいい。そういった企業側の意思によって、多くの方々が派遣切りにあい、年の暮に職を失うばかりか、住む場所も失って炊き出しに訪れたというニュースを、切ない気持ちで見ました。 もし、あれが自分の家族だったら。もし、自分の夫、自分、友達だったら。どんなに惨めな気持ちになったか。企業では派遣といえども、中心的な役割を果たしながら働いていた派

人材派遣ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。