トップ 人材派遣ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

人材派遣ナビ紹介予定派遣って何? > 紹介予定派遣の流れ

紹介予定派遣の流れ

紹介予定派遣の流れの画像

アメリカでは一般的な紹介予定派遣。紹介予定派遣で働くためには、どういったことが必要になるのか。仕事に就くまでの流れをおってみましょう。まず、紹介予定派遣を行う企業では、システムを利用する方の持っている能力やスキルを知る必要があります。

登録の際にも、氏名や年齢、現住所や連絡先、さらに持っている資格、経験、能力などを登録する必要がありますが、その後にも、ヒアリングなどがあります。ヒアリングでは、より具体的なスキルを知るために、紹介予定派遣のスタッフによってより詳細に経験などをデータ化します。この時、より具体的に自分の就職に関しての希望を伝え、自分が持っている能力や経験などを伝えるために、メモなどに書いておくといいでしょう。

ヒアリングが終わると、いよいよ仕事紹介となります。希望に沿った就職先がいくつか紹介されますので、その内容をよく理解し選択します。その中に、自分が希望している就職先が見当たらない…と思ったら、スタッフに伝えましょう。スタッフが再度、希望の就職先を探し紹介してくれます。

望みの仕事が見つかった場合、紹介予定派遣に入ります。この一定期間中は、紹介予定派遣のスタッフさんが、仕事のことに関してなど、相談にのってくれると思います。相談しながら自分に合った仕事かどうか、しっかり考えていきましょう。一定期間が終了したら、スタッフの方からより具体的な正社員として働くための条件等を知らせてきますので、正社員となるかどうか、確認します。

派遣先企業がこのまま正社員として働いてほしいという意思を持ち、自分もそのまま正社員となりたいとお互いの意思が一致した場合、紹介予定派遣終了ということになり、派遣先企業で正社員契約を結び、改めて、正社員としての仕事が始まるという流れになります。試すことができる、というシステムですから、大切な仕事を慎重に決定できます。

自分にはどういう仕事があっているのか見極められない・・という人にも、このシステムはおススメのシステムです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


人材派遣ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ メリット・デメリット

人材派遣に関してのメリット、デメリットを考えてみましょう。まず人材派遣で働くメリットから。何と言っても、自分のライフスタイルを考慮した働き方をチョイスできるという点でしょう。派遣元に登録する際、正社員になりたいなどの希望を持っている方以外に、自分の希望を満たしてくれるところで働きたいという方もいます。 働く時間、その期間、そして勤務地など、自分の希望を派遣元に伝えることで、その希望に沿った派遣先を考えてくれます。正社員として働く場合、長く付き合っていく同僚や上司に気を使って

人材派遣ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。